ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

たかが・・されど

 

     日中はサッシ戸を開けていても気持ちが良い天気

     夜になって、肌寒いと感じるほど気温が下がる

     月曜日に、集金が来るたびに購読をやめようかと

     悩んでいた新聞の解約の連絡をした 

     締め日が25日とかであと1ヶ月の継続をお願いされた

     けれど無理を言って、今結末で解約にしてもらった

     何十年と続けてきたものをやめるって、新聞でも

     悩むものなのだな 

     わが家は可燃ごみの時は、袋の中が見えないように

     ごみ袋の内側を新聞紙で目隠し 中身をチェックする

     近所の人を見てからそうしてる

     冬場は野菜を包んで保管したりと読む以外でも使ってる

     認知症の家族が一日に何回も同じ紙面を読んでいる内は

     脳の活性化にもなるだろうと続けていた 何より新聞を

     やめると言うと何故だか急に怒り出していた

     ようすをみていると この半年は、存在を忘れたように

     新聞を読むこともなくなったので決めた 伝えたらやはり

     新聞をとらないなんて家くらい・・ご近所は・・と

     どうやら家族にとっての新聞は世間体もあるようで。。

     と言うわたしもやはり長年続けていたものをやめることに

     不安があったりして、決めかねていてこの時期

     やめてみて、無いと不便・困るということがあれば再度

     購読手続きしたらいいだけのことと言い聞かせた

     それでもちょっと不安。。たかが新聞されど新聞

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

web拍手 by FC2