ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

あれから

f:id:aoiro21:20220311231015j:plain

 

     あの日から11年 まだ記憶は鮮明

     2日前にも大きな地震があって

     その日の朝に、ニャンのきょうだいが

     急に虹の橋のたもとに旅立った

     地震後 ライフラインがストップしたため

     何の情報もなく数時間過ごした

     県外のきょうだいからの連絡で巨大津波

     街を飲み込んだと知らされた 

     地震後は雪が降り寒く 空は今までに見たことが

     ないほどに澄んで、悲しいほど星が美しかった

     電気が点き 初めて、そのようすを目にした時に

     自分が生きていてよかったのかと後ろめたさを

     感じたのを今も覚えている

     多くの人が、予想だにしない津波で命を落とした

     家族の元に帰れないひとがまだ見つからない人がいる

     津波被害にはあっていないのに、わたしは沿岸部に

     行くことができないでいる 多くの人を連れ去った

     海が怖い 一度だけプライベートビーチのような

     小さな浜に立ち寄ったことがある その浜にも津波

     襲い大きな被害を受けていた 忘れることなどできない

     今年も14時46分 黙祷 

     どうして、あの日の夜空は、あんなに美しかったのか

     あの日と同じ星空を見ていない     

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

web拍手 by FC2