ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

思い

f:id:aoiro21:20210307232728j:plain

 

     あの日から10年が経とうとしている

     ここ数日は特番や新聞記事で、当時から現在にかけて

     同じ被災地に住みながら知らずにいたことが多いことに

     恥ずかしいと思いながらもあの日を思い起こしている

     そして震災とは違う、コロナ

     新聞に、そのコロナを背景にした小説が掲載されていて

     ネットの中の声と設定されてでてきた 小説だというのに

     少なからずショックを受けた 中略して書き出すと

     コロナに罹って高齢者が大量死してくれたほうが、医療費を

     はじめ社会保障が減って助かるというのが多くの若者の本音

     呼吸器やエクモなど必要なし 隔離して通常医療で済ませれば

     いいだけ コロナをインフルエンザと同じ扱いにすれば

     医療崩壊は防げるといった内容(あくまでも小説の中)

     確かに重症化するのは高齢者が多く、病床を占めている

     この世がサバイバルだとしたら考えられなくもない

     65歳以上の高齢者が殆どいなくなったらどうなるのだろう 

     どうにも想像もつかない・・

     巨大な津波で突如として命を奪われること

     医療崩壊を防ぐために命の選別をされること

     現実と小説だけれど どれだけ考えてもやりきれない

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

web拍手 by FC2