ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

カレンダーには〇〇ふたつ

f:id:aoiro21:20210211225903j:plain

 

     風が冷たくて体感温度が低かった建国記念の日

     朝 特等席の陽だまりの中のニャンが「カッカッカッ」と鳴く

     ニャンが若い時に、聞いたきりで久しぶり 

     何に向かって鳴いているのだろうと視線を向けたら 

     下の家の屋根の上を歩くカラス

     日曜日にきょうだいから電話が来た時に「やはり木曜日にデイ

     サービスに行くように電話したほうが良いか?」と聞かれて

     「気分次第だから、わざわざいいよ」と答えた

     朝食後、せめて1カ月に1回でもお風呂に入ってきてとお願いした

     生返事・・お迎えの車が来て「行かない!」と大きな声で拒否

     説得して諦めかけた時に、立ち上がって出かけてくれた

     行く・行かないの境界線は、気持ちを変える言葉は何なのだろう

     夕方時計を見て、外で寒さに震えながら帰りを待った 機嫌は普通に帰宅

     着替えてきた服を洗濯しながら、昨年10月にカットした髪が

     だいぶ伸びてきたからカットしに行こうねと話した

     イヤイヤだろうに行ってくれてありがとうと呟いた 本人は

     すでに記憶から消しかけていたから聞こえていないと思う。。

     カレンダーには、行った〇(まる)お風呂に入った〇で、〇〇ふたつ

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
 

web拍手 by FC2