ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

この時期になると

f:id:aoiro21:20191223102738j:plain

 

     今朝は寒かったけれど、まだ積雪はない

     クリスマスが近づくとサンタクロースを何歳まで

     信じていたかと言う話題をブログやネット上で目にする

     いくつまで信じていたかなぁ・・覚えていない

     子どもの頃は父が病気がちで度々入退院を繰り返していた

     クリスマスのプレゼントはサンタさんのブーツに入ったお菓子

     同級生や近所の子たちが新しいピカピカの自転車に嬉しそうに

     乗っていて、自分も欲しいとねだっても買ってはもらえなかった

     女の子らしい可愛らしい洋服もなくて、あってもお下がり

     父が親戚から譲り受けた大人用の自転車に補助輪をつけて乗った

     リカちゃん人形は伯父さんが、りかちゃんハウスとわたるくん

     着替えの洋服は誰が買ってくれたのだろう・・記憶がない

     だけれど、当時は自分の家が貧乏だなんて知らなかった

     クリスマスの夜と誕生日は近所の店で炭酸飲料を買って

     砂糖じゃりじゃりのバターケーキ、遠足と運動会にはバナナ

     それだけでも、それで充分嬉しかったと想いだすたびに思うこと

     貧乏だった割に、自家用車も固定電話も電子レンジもカラーテレビも

     よその家には揃っていない物が、わが家にはあった

     この時期になると想いだす、わが家の七不思議のひとつ

     未だに謎なのだ。。

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ