ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

こういう人

f:id:aoiro21:20190923102804j:plain

 

     今日も肌寒い朝、できればもう少しベッドの中にいたい

     ネイビーにシックな花柄の靴下を履いて気分を上げてみるけれど

     どうにも着ている服とのちぐはぐ感が否めない、まっいいか

     カーテンを開けるとまんまちゃんが待ってた

     しばらくは、またベンチ上のこの場所が定位置になるのかな

     庭の草取りしようかと迷っていたら、曇り空から雨が降り出した

     午後、自室に居ると電話が鳴ったので出ると兄から

     開口一番「お、ん?おふくろは?」すぐに電話を保留にして母へ

     いつもこんな感じで、何事もない限り兄妹の会話は皆無

     月に1.2度の電話は一応心配してます風の義務みたいなもので

     それも電話口に初めに出るのは母と想定してる

     もう、慣れた。。兄はこういう人。。に加えて無愛想

     中学生時代から子どもが生まれるまで、妹のわたしは恥ずかしい存在

     頭が悪くて、可愛げがなくて、ブス・おデブ.......

     自分の息子の彼女も『性格はすごくいい娘なのよ・・』と外見の

     良し悪しを口にするのも当時を思い出させるし、相変わらずだねと思う

     『男というものは、いい女性を連れて歩きたいと思うのが普通』

     そう言い切ったし実際そういう女性を選んだのは有言実行

     現在もそう言い切れるのか確認したいところだけれど、わたしの方が上手

     一緒に出掛ける時に、「わたし、こんな洋服しかないけれど、一緒に

     歩くの恥ずかしくない?」そう聞いてから行動を共にする

     わたしの方が性格悪いのかもしれない。。

     一緒に暮らした時間は短いのに、長いこと兄妹として生きてるな(笑

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ