ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

ドキドキ毒にも薬にも

f:id:aoiro21:20190511061115j:plain

 

     5月に入ってからは半袖

     今日に至ってはタンクトップ、もちろん家の中だけ

     ぶるんぶるんの二の腕など人さまに見せられない

     体は隠せないほど太いのに変なとこに拘る(苦笑

     あまりの天気の良さにマット類を洗濯

     何とか、母に付っきりでいなくても大丈夫になってきた

     今回のことで、介護の大変さは身に沁みた

     介助だけではなく、食事や薬の管理にも悩んだ

     これはまだ進行形

     1日の早朝にひっくりかえり、当日は食事ができた

     翌日からは食事もせずに寝ている時間が長くなり

     なんとか水分だけは摂らせた

     無理に起こして食べさせてもほんの数口

     食べないから体力は落ち、寝たばかりだから筋力も落ちる

     ここで心配になったのが、処方されている内科の薬

     中には血圧を下げるもの、血糖値を下げるものがある

     食事を摂らない時には飲ませない決断をした

     看護師が来た時は血圧が低いということで、仕舞っていた

     血圧計を引っ張り出し、朝食時に血圧を測ってから判断

     血糖を下げる薬は食事量で判断

     毒にも薬にもなってしまうから悩むし

     食後しばらくは、様子を見ている時間がドキドキ

     これが、わたし的には神経を使うから疲れる作業

     まだ、食事量は以前ほどには戻ってはいないけれど

     徐々に戻りつつあるので、間もなく一段落しそう

     どんな仕事も大変なのは百も承知しているけれど

     命を預かる、看護・介護の仕事をしている人には頭が下がる思い

      

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ