ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

陽射しの中で

f:id:aoiro21:20190418235335j:plain

 

     母の2か月に1度の眼科診察への付き添い

     父のお墓参りに行きたくて、薬をもらった後に菩提寺に向かった

     ジッとしていられない性格の人だったから

     この場所に父がいるような気がしなくて・・

     それでも来たかったのは約束を守るため

     菩提寺にはたくさんの桜の木があって

     父が眠る場所からも八重咲の枝垂れ桜が綺麗に見える

f:id:aoiro21:20190419000329j:plain

     お参りの時、父に、一緒にここでお花見をしようと話していたのに

     昨年は約束が果たせなかったから・・

     ソメイヨシノや枝垂れ桜は半分葉桜で散り際

     陽当たりの関係か咲く場所で差がある

     バケツにお水を汲んでいたら、ひとひらの桜の花びらが

     落ちて浮かんだ

     父が「よく来たな」と言ってくれたような気がした

     この桜の木には大きな宿り木があるのでいつも見上げる

     お墓を掃除して花とお線香、院内のコンビニで買った

     お水と缶コーヒーと柏餅、クリームパンを供え

     母とわたしは父と向き合いながら、おにぎりを食べた

     「一緒にお花見だよ」と話しかけながら30分ほど

     陽射しが強いから暑くて汗が流れる

     樹齢500年を超えるマルミガヤの木の下で涼んだ

f:id:aoiro21:20190419001307j:plain

     どっしりとした巨木の下は守られているようにホッと安心できた

     本堂脇の枝垂れ桜はちょうど満開

f:id:aoiro21:20190419001447j:plain

     もう少し早い時期だったなら、境内をゆっくりと散策しながら

     いろいろな桜を見られたはず

     また来年、母と一緒に・・

     肌に合う日焼け止めが間に合わなくて、降り注ぐ紫外線を

     目一杯浴びたので、顔の湿疹は一層赤味を増したけど

     そんなことはどうでもいいくらいに気持ちは満ち足りた

     いつもは気ぜわしく手を合わせたら「またね」と

     帰ってきたけれど、今日は父も待っていてくれたと感じた

     写真は上手くは撮れなかったけど、想い出だからいいか

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ