ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

いまなら・・

f:id:aoiro21:20190312233714j:plain

 

     9日に書き忘れてしまったけれど

     この日は家のニャンのきょうだい、ふーの8回目の命日

     震災の2日前の朝に突然の病で旅立った

     忘れてないよ

     ふーのこと想いだしていたら、ふと別なことが

     札幌で暮らしていた頃のこと

     その家では年季の入ったアルミ鍋でご飯を炊いていた

     炊飯器に頼りっぱなしだったから、初めての時は緊張して

     お鍋につきっきりで目と耳で炊け具合を確認

     底におこげができるぐらいに炊き上がったら上出来

     褒められたことはなかったけれど

     お風呂には追い炊きが無くて、冬は仕事から帰ってきて

     入る頃には、水に近いお湯になっていて、熱いお湯を

     足しても足しても少しも温かくならなかった

     ボイラーが必死に頑張るものだから、音も半端なくて

     ドアの外からボイラーが壊れそうと家の人の声が聞こえた。。

     それ以来、寒くてもお湯を足すことなく入った

     真冬にぬるいお風呂でも不思議と風邪もひかなかったし

     冷たい水だとシャンプーの泡立ちが悪いなくらいに思ってた

     いまでも鍋でごはんは炊けるし,冬にシャワーだけでも大丈夫

     経験に無駄は無いと言うことかな

     当時は大丈夫なの?と心配されたけど

     いまなら、笑いながら話せる思い出になっている

     いつの時代のことって?

     そんな昔のことではないのです(笑

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ