ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

桃の節句は

f:id:aoiro21:20190303154745j:plain

 

     今日は桃の節句、雛まつり

     お雛さまは小さい頃から家には無くて

     いつか色々な意味で余裕ができたら

     自分の好きなお顔のお雛さまを買って飾りたいなと

     思っていたけれど、いつになるだろう

     でも、想い出話ならずっと心の中にある

     桃の節句は亡き父の誕生日

     父がまだ若くて元気に働いていた頃

     職場の顔見知りの女性から

     3月3日が誕生日でいいですねって言われたそうで

     何故か?と尋ねたら

     わたしは女性なのに端午の節句の5月5日が誕生日

     悲しいから交換してほしいくらいとの答えに

     お互いに笑ったのだと聞いた

     3月3日には毎年思いだす

     父が桃の節句が誕生日で恥ずかしいと思ったかどうかは

     残念ながら、聞きそびれたのか記憶にない

     男の人だから、あえて今日が自分の誕生日だなんて

     話しはしないだろうから、もし、揶揄されたとしたら

     小学生のころかも知れないな

     桃の節句の日は父の誕生日

     お雛さまが無くっても、ほっこりな想い出は無くならない

 

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ