ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

ハッカ飴

f:id:aoiro21:20181025225151j:plain

 

     今日の陽射しは暑いくらいで

     母の眼科と買い物から戻って

     もわっとした空気を入れ替えるために

     窓を開け扇風機を回したというのに

     夕方には暖房が恋しくなり19時には

     暖房のスイッチを押した

 

     先日、自分の病院へ行った時に書店に寄った

     レジに並んでいる時にハッカ飴が売られていて

     懐かしいなと思いながら見ていた

     次の方どうぞと呼ばれた時にはハッカ飴を1袋

     手に取って本と一緒にレジに出していた

     北海道の北見で作られたハッカ飴

     父が好きだった

     帰宅して一粒口に入れて、ふと思った

     父が不調で病院へ行った時には末期の胃がん

     食道を過ぎた胃の入り口の噴門部に大きな病巣

     物が胸につかえるようになって飲み込めずに吐き出す

     胃がんとわかるまでに好んでいたハッカ飴

     そこまでの症状に至る前に僅かにでも胸のつかえ等の

     症状があって、スッキリさせたかったのかもしれない

     毎日のように市販の粉末胃散薬を服用していた

     あの時に検査を受けていれば胃がんの初期で

     見つけられていたかもしれない

     人の言うこと、ましてやわたしの言うことなど

     聞くはずもなく頑固おやじは。。

     ハッカ飴ひと粒で思いだした生前の父のこと

 

 

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ