ふわり

ふわりと飛べたなら何処へ行こう

10月の始まりの日

f:id:aoiro21:20181002070931j:plain

 

     台風が過ぎた後は

     青空が広がり気温も急上昇

     が、19時頃には暴風警報。。

               

     夜遅くに向かいの森がざわざわ

     寝て1時間もしないうちに台風24号による雨風

     ふきつける風で家は揺れ、大きな音が聞こえる

     耳を塞いでも怖さが増幅するだけで

     着替えを持って階段を下りたら母も不安から起きてきた

     ふたり服に着替え震える母の肩を抱いて背中をさすりながら

     怖気ずく自分自身の気持ちを“しっかり”と奮い立たせ・・

     テレビをつけると午前3時前だというのにニュース

     午前5時頃、風が静かになりはじめた

     いつもと違う様子にニャンも落ち着かず

     母が膝に抱きあげて、うとうと..

     ベッドに寝かせて、ゴミ出しに出て家周りを点検

     数ヶ所修理が必要な個所を見つけて

     吹き飛ばされてきた小枝や葉を掃き掃除

     ついたち、神棚のお榊・水・米・塩を新しくし

     お礼を言いながら手を合わせた

     ずっと起きていたからお腹が空いて

     いつもの時間よりも早い朝食

     こんな日でもお腹は空くのだと苦笑した

     午後からは訪問看護士が来訪

     その後1~2時間自室のベッドに横になり

     涼しくなり始めるのを待って

     広報誌をポスティングし回覧板を届けた

     廃屋になった瓦屋根の一軒家

     家の中に雑草が生い茂り窓が開いてカーテンがなびいている

     ボロボロになりながらも姿を保っていた

     まだ、わが家も大丈夫だろうかと思いながら家に戻る

     一雨ごとに、風が吹くたびに家は傷んでいく

     10年に一度、100万円程の修繕費が必要らしい

     家を持つということは大変だな

     今回は心配するより覚悟しようと話していたけれど

     覚悟など揺らいで、涙目で父に願い続けた

     10月の始まりの日

 

 

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ